法人太陽光発電

遮熱効果で冷房費を削減

一般的に工場など折板屋根の表面温度は夏場は60度以上になるため、それに伴い、室内温度も上がりやすくなります。しかし、太陽光発電を設置すると屋根への直射日光を遮るため、冷房効果が上がり、電力消費を削減につながります。

太陽光パネルで電力消費を削減

太陽光発電を設置することにより、太陽光パネル(PV)折板屋根の表面から直射日光を遮断し、これにより室内の冷房効果が上がり電気料金節約につながります。
また太陽光パネル(PV)と、折板屋根との間に間隔をあけることによって空気が循環し、折板屋根の気温が上昇するのを防ぐことが可能です。屋根環境により異なりますが、10℃~30℃下がります。
建物が高圧受電の場合、夏の暑い日に太陽光発電で発電した電力は、建物内で消費され、契約電力に関してはピーク時のデマンドカットになり、電気代の大幅削減につながるのです。

太陽光パネルで電力消費を削減

お問合わせはこちら[フリーダイヤル0120-641-830]

ヒロトモエナジーは産業用太陽光発電専門の会社です。
住宅用のお問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。

  • お問合わせ・資料請求
  • 簡単お見積もり
  • 発電量試算

全国無料セミナー

ヒロトモエナジーでは、法人太陽光発電の啓発運動の一環として、全国へ無料セミナーを行いにまいります。

販売代理店募集

ヒロトモエナジーでは、太陽光発電の販売代理店を募集しております。

  • 法人太陽光発電FAQ