費用

京セラ

KYOCERA(京セラ)の特徴

1975年、EFG法(リボン状のサファイア基板を引き上げる技術)を応用した、シリコンリボン結晶による太陽電池の開発に着手することから京セラの太陽光発電の歴史は始まりました。
1977年にはシリコンリボンの連続引き上げに成功し、太陽光発電事業へのGOサインが出たのです。次には、EFG法に比べて生産性や変換効率に優れ、コスト面でも将来性のある鋳造法による多結晶シリコンにいち早く着目し、本格的な研究・開発に着手しました。 シリコン基板の研究・開発から、1986年には独自でシリコン鋳造装置を設計し、世界で初めて鋳造法による多結晶基板を用いた太陽電池の量産を開始。結果、モジュールのコストを1ワット1000円程度までの大幅ダウンを可能にしたのです。京セラが量産に成功した鋳造法による多結晶太陽電池は、今や世界の主流となっています。

薄型・小型に軽量化した長短2種類のモジュールを組み合わせるという、他社では考え得なかった新しいスタイルを実現し、デザイン性と高性能を両立させることに成功しています。太陽電池が屋根のような美しい立体感を有し、屋根形状の違いや面積の大小に対応して発電力量を増大する、新時代の扉を開く新しいタイプのソーラーシステムです。

京セラ取り扱いの太陽光モジュールタイプ(一部)

種類 品番 公称最大出力 特徴
多結晶 KS2381P-3CFCA 238.1W メガワット設置に対応した大型モジュール
KS180P-3CRCA 180W 傾斜屋根に最適なベーシックな太陽電池
KS2084P-3CJCA 208.4W 陸屋根に最適なレギュラーモジュール
KS180P-3CJCA 180W 限られたスペースの配置がしやすい陸屋根モジュール
※その他独立電源用太陽電池モジュールも取扱。

お問合わせはこちら[フリーダイヤル0120-641-830]

ヒロトモエナジーは産業用太陽光発電専門の会社です。
住宅用のお問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。

  • お問合わせ・資料請求
  • 簡単お見積もり
  • 発電量試算

全国無料セミナー

ヒロトモエナジーでは、法人太陽光発電の啓発運動の一環として、全国へ無料セミナーを行いにまいります。

販売代理店募集

ヒロトモエナジーでは、太陽光発電の販売代理店を募集しております。

  • 法人太陽光発電FAQ