費用

パナソニック

PANASONIC(パナソニック)の特徴

SANYO独自のHIT太陽電池により、セル変換効率19.7%、設置面積あたり世界No.1を実現したのがパナソニックの太陽光発電システムです。大きな発電力を求めるなら三洋です。
界面特性の向上を図り、発電ロスを減らすことが可能になりました 高効率化技術の導入により当社従来型結晶系モジュールに比べ、発電性能が約29%アップ(モジュール変換効率12.7%から16.4%へアップ)。さらに優れた温度特性によって発電量が年平均約7%改善。この相乗効果により設置面積あたりの年間予測発電量を約38%向上させることになります。
モジュールの高出力化により、従来と同等容量の設置でも、少ない枚数で対応でき屋根への負担が軽減できます。省スペース軽量化を実現したことになります。3.0kW相当システムを設置する場合、従来の三洋モジュールでは20枚必要だったものが、「HIT NKH210」なら、わずか15枚のモジュールで済み、今まで設置できなかった屋根にも対応可能です。
HIT太陽電池は、Heterojunction with Intrinsic Thin layer (HIT)の略号から来ています。これは従来にない新しいタイプの結晶SiとアモルファスSi薄膜のハイブリッドタイプの太陽電池です。HIT太陽電池は、発電層に単結晶Siを用い、半導体の接合部分をアモルファスSi薄膜を用いて形成した構造をもっています。HIT太陽電池は従来の結晶シリコン太陽電池と比べて温度特性が安定しており、夏場の高温時でも高い変換効率を維持し発電量の低下が少なく、従来の結晶シリコン太陽電池に比べ、年間の発電量で差が出ます。 ※データは2008年2月1日現在

半導体を用いた太陽電池は、一般的に温度が高くなると発電量が少なくなる性質を持っています。HIT太陽電池はアモルファスシリコン単結晶シリコンのハイブリッド構造なので、他の従来の結晶系Siの太陽電池と比べその温度の影響が少なく、特に温度の高くなる夏場の発電に大きな差が出ます。最も電力の需要が高まる夏場のピーク時にも、しっかり発電してくれる頼もしい存在です。

パナソニック取り扱いの太陽光モジュールタイプ

タイプ 種類 品番 公称最大出力
HIT 単結晶系ハイブリッド VBHN233SJ01A 233W
結晶系 多結晶 VBH10227Y 227.3W
VBMS240AJ02 240.0W

お問合わせはこちら[フリーダイヤル0120-641-830]

ヒロトモエナジーは産業用太陽光発電専門の会社です。
住宅用のお問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。

  • お問合わせ・資料請求
  • 簡単お見積もり
  • 発電量試算

全国無料セミナー

ヒロトモエナジーでは、法人太陽光発電の啓発運動の一環として、全国へ無料セミナーを行いにまいります。

販売代理店募集

ヒロトモエナジーでは、太陽光発電の販売代理店を募集しております。

  • 法人太陽光発電FAQ