選ばれる理由

デマンドコントロールとのハイブリッドシステム

電力を監視、制御して契約電力を下げる

民間会社の本社ビル、工場や学校等、ある程度大きな建物の約50%以上は、電気の需給契約が高圧受電(50kW以上)か特高受電(2000kW以上)となっております。
例えば高圧受電の場合、一番ピークで使用した電力が契約電力の数値として使用され、次の月以降もその数値を一年間超えなければ、契約電力の数値はそのままですが、もし次の月に少しでも契約電力を超えると、その数値から一年間が契約電力の基準となります。
この契約電力をデマンドコントロール(契約電力を監視して制御することにより契約電力を下げる)を使用して、太陽光発電システムとハイブリッドで制御をすることにより、契約電力を削減することが可能になります。

蓄電池システム

お問合わせはこちら[フリーダイヤル0120-641-830]

ヒロトモエナジーは産業用太陽光発電専門の会社です。
住宅用のお問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。

  • お問合わせ・資料請求
  • 簡単お見積もり
  • 発電量試算

全国無料セミナー

ヒロトモエナジーでは、法人太陽光発電の啓発運動の一環として、全国へ無料セミナーを行いにまいります。

販売代理店募集

ヒロトモエナジーでは、太陽光発電の販売代理店を募集しております。

  • 法人太陽光発電FAQ